アイアン家具 ロートアイアン家具 GARAM CURL ガラムカール
注文方法
工房紹介
納入事例
事業案内
メディア
イベント
店舗紹介
TOP
有限会社ゴールドファイヤー有限会社ゴールドファイヤー
 
椅子
シェルフ
テーブル
ソファ
ベッド
照明
雑貨
コンソール
ミラー 鏡
ギャッベ



フランスベッド

アイアン家具 ロートアイアン家具 設置例
 
アイアン家具 ロートアイアン家具 設置例
 
アイアン家具 ロートアイアン家具 設置例
 
通信販売法による表記
 



ギャッベについて

イランの遊牧民カシュガイ族の織物。 元々はペルシャ語で粗い毛足が長いという意味があります。
2センチ以上の長い毛足を持つ分厚い絨毯です。
昼と夜の気温差が50度近くある高原地帯で、過酷な自然環境の中にある中で 遊牧民の暮らしに適応したすぐれた機能があります。
近年では、ペルシャ絨毯と変わらない織り目の細かく色柄も芸術性が高いハイランクのギャッベも多数織られるようになり、世界中で人気が 高くなってきております。

ギャッベの良い点

ギャッベに使われているウールは保温性、吸湿性に優れているので、冬暖かく夏でもさらっとしているので、一年中快適に過ごせます。 床暖房やホットカーペットの熱を通して床が傷むこともありません。 また耐久性が非常に高く丈夫です。汚れが付きにくいので、お手入れも楽で 何世代にも渡って末永くお使いいただけます。

染料ついて

ギャッベを織る糸は、すべて草木等の天然染料で染めています。 薄茶、青(インディゴ藍)、赤(茜の根、コチニール等)黄(ざくろの皮)緑(ジャシール)等ナチュラルは天然の羊毛の色アイボリー、ベージュ、グレー、こげ茶などは染めた色ではなく 羊毛の色をそのまま使用しています。染め色は、これらの染料をまぜたり、染める時間の調節によって様々な色を作り出しています。工房によって色の出し方は企業秘密となっており、当社の取り扱いのギャッベは、美しい発色の良さが魅力です。

モチーフについて

ギャッベに描かれているモチーフは、家族の幸せを願って織られており、大きなテント、羊やヤギ、山々や草原等、色々な意味があります。すべて 手紡ぎ・草木染・手織りで作られるギャッベは、織手の感性や思いが込められており、同じものが存在しない世界にひとつの絨毯です。

当店(ガラムカール)のギャッベ

ガラムカールで取り扱っているギャッベは、全てイラン(ペルシャ)のギャッベです。
ギャッベの仕入れから販売まで全てを自社で行う直輸入販売のなので、高品質な商品を低価格でご提供できます。
特に織りの密度が高いランクのギャッベを中心に取り揃えております。 希少な古典柄のカシュガイ絨毯もございます。

オリジナル家具製作や、インテリアコーディネートを行っている経験から、センスのよい 色柄のものを厳選しております。きっとお客様のお部屋のイメージに合わせた素敵なギャッベを 豊富な品揃えの中からお選びいただけると思いますので、是非色々とご相談ください。


ギャッベの製作工程

1・毛を刈る

標高2000メートル以上の山岳地帯に生息する羊たちの寒い冬を越えた良質の羊毛を刈ります。羊の世話と、羊毛の刈り込みは、羊飼いである男性たちの仕事。
2・手紡ぎ



刈り取った羊の毛をほぐして、きれいにしたあと、手で毛糸を紡ぎます。 一本一本手作業でカシュガイ族の人々は、手間を惜しまず、しっかりとした糸を紡ぎ出します。







3・染め

ザクロ、クルミ、アカネ、インディゴ等、現地シーラーズに自生する植物を染料として使用し染める時間、ブレンドなどで微調整を様々に行うことで、ひとつの染料から多種多様な色を作り出します。染色後、流水で洗い余計な染料を落とします。洗うことで色が鮮明になります。


4・織り



まずは、ギャッベを織る縦糸を張った織り機を、地面に設置します。 絨毯のパイル(毛足)は、縦糸に、横糸を絡ませて、結ぶ作業を繰り返します。 大きなサイズは2人並んで一枚のギャッベを織り進めます。

5・仕上げ

織りの作業が終わったら、ギャッベを洗って余計な毛や汚れを落とします。天日で干して完成です!フリンジの仕上げや、細部のチェックを入念にします。

 


CoGARAM CURL荻窪本店
〒167-0052 東京都杉並区南荻窪3-33-7
TEL : 03-6915-0533 FAX : 03-6687-4629
E-mail:info@garamcurl.com

Co※当サイトの画像・文章の無断転載は禁止しております。ご遠慮下さい。※
Copyright(c)2004 GARAM CURL all rights reserved.and mail to : info@garamcurl.com